早朝、娘を起こしに行くと、目眩で起きれないという。

風邪でも引きこんだのかと、体温計を持ってきてみる、

平熱。とりあえず、学校に休みの連絡を入れて、様子をみることにした。

それから、学校に行く行かないの問答が母子で繰り返す日々となった。

ある日、無理矢理、起きてきた娘が5〜6歩歩いたところで、しゃがみ混んでしま

った。目の前がチカチカして真っ暗になったという。

そこで、初めて尋常ではないと悟る。

病院に行き、ついた病名は起立性調節障害。

思春期には珍しい病気ではないと告げられる。

原因は、過度のダイエットや、運動不足、改善するには、ふくらはぎを鍛えて、血

が急に下がるのを防ぐこと。

この中で考えられる原因はあった。

父が4月後半、末期の十二指腸癌が見つかり、家族で看る為に、娘を連れて実家に

戻っていた。家族で囲む食事。父はやっと食べたいと行ったマグロも人齧りしただ

けで食べることができない。そんな、父をみていた娘は、段々と少食になり、それ

は体重減少に繋がった。

食べなければ体重が落ちる。ダイエットに目覚めた娘は、益々食べなくなり、1か

月で11キロも体重が落ちてしまっていた。

また、中学になってからは、電車通学で合唱部に入り運動する機会も減っていた。

更に、学校へ病名を知らせると、登下校が心配なので、親の方で送迎を

して欲しいと言われたのである。

仕事をしている私としては、毎朝、娘が学校に行くか行かないか?から始まって、

会社の出勤時間も気になる日々は、娘の将来の不安と苛立ちの連続でしかなかった

のである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です